超絶無難イラストカットの才能

イベント企画などのチラシは、基本グラフィックデザイナーさんか、イラストレータさん、もしくは副代表の小林大地さんに頼むのですが、予算の関係で自分でやらねばいけないときもあります。


いかんせん学部が彫刻で、その後デザインの大学院に行った私はイラレなどのソフトでまともにチラシが作れません。


レイアウトは大地さんに泣きついてなんとかしたりするのですが、どうしても必要なイラストは自分でかいたりします。

ワークショップのチラシとかだと、なんか作ってる子供のカットとか描くこと多いんですよね。


あとは企画書に説明やイメージ図としてイラストを描いたりするので、分かりやすく、くせがなく、なんとなくかわいらしくて、なんかよくありそうな、超無難な・・・・、と心がけて描いています。


さて、そんなことを何年かつづけたら本当にあくのない、個性のない、印象に残らない、でも分かりやすい超絶無難なイラストを描くのが得意になってきました。

えっへん。









公式ツイッター